EMSの周波数の違いでトレーニング効果はどう変わる?

 

 

周波数が高い場合と低い場合とでは、
トレーニング効果の違いが生まれてくるようです。

 

周波数が高くなってくると電気で刺激する回数が増えるという事です。

 

刺激する回数が多くなりすぎると、
筋肉が疲れてしまって刺激についていけないそうです^^;

 

やたらめったにやれば良いという訳ではないんですね。
筋トレでも回数よりも利かせ方が大事だと言いますから・・・

 

なので高い周波数だとトレーニング効果が望めない状態になる。
という事が言われており従来のEMSマシンの大きな課題だったみたいです。

 

それは何故なのか?

 

世界最高峰の運動医科学研究で、「20Hzの低周波がトレーニングは効率的」

 

という事が分かったそうなんですが、
低周波ではピリピリとする痛みが出てしまうそうなんです。

 

ピリピリする痛みと聞くと、接骨院での電気を私は思い出してしまいます・・・

 

今までは低周波のEMS腹筋マシンは難しかったようですが、
MTGはその痛みを無くす独自の波形を開発し従来の課題を克服されたようです。

 

 

MTG シックスパッドは低周波でも痛くないEMSマシン!

シックスパッドは効果ある?体験者の評判から分かった実力とは!?